車検切れなどの車も車査定に出すべきか

車検が近いか切れている車も一括車査定に出した方がいい理由

車検が近い、車検が切れている車を査定に出したい、出していいのかよくわからない・・・・と悩んでいませんか。

 

車を手放すタイミングとして多いのが、車検の時期が迫っているあるいは車検が切れてしまったという時です。
車検のタイミングというのが市場のお金がかかるので、手放す場合この時期の周辺を選ぶことは珍しいものではありません。
しかし、車を高く売るタイミングとしては車検の前後が正しいのか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。
その答えは車の価値と車検は大きな関係がないので、車検が切れそうでも切れていても査定に大きな影響はないということになります。

 

 

●車の価値と車検は関係ない

 

車検が切れていると査定額も落ちてしまうのでは、そのように考えがちですが基本的に車の価値と車検の有無というのは関係がありません。
車検を受けていないと公道を走ることができませんから、その点では受けている車よりも価値が下がってしまうことになりますが、車検自体は簡単に受けることができるものですし、すぐにパスすることもできます。
もしも車検の有無によって価値が下がってしまうということになるのであれば、新車は価値が低いということになってしまいます。
新車というのはもちろん車検を受けていない状態で出来上がりますから、車の価値が車検に左右されるのはおかしいということになります。
そのため、車の価値と車検の有無というのは査定において大きな影響が出るような部分ではないので、車検が迫っている場合でも極端に言えば切れてしまって公道を走らせることができない車であっても査定額に大きな影響を及ぼすことはないのです。

 

●車検自体にはそれほどお金がかからない

 

車検というのはお金がかかると思っている人も多いことでしょうが、実は検査自体にかかる費用というのは大した金額ではなく、検査手数料自体は2000円もあればできてしまいます。
それでは何にお金がかかるのかというと、車検は受ける時に自動車重量税の支払いと自賠責保険料の支払いをしなければならないので、ここで大きなお金が発生することになります。
この費用のことを法定費用と呼び、誰が受けたとしても決して安くなることがない費用となります。
そのため、個人で車検を受けて最低限の費用で済ませようと思えば、車種によっても異なってきますが5-7万円ぐらいの費用で済みます。
それではなぜディーラーなどの業者に依頼をすると、10万円や20万円という金額になってしまうのかといえば、そこには車を整備する費用が発生したり車検を通すための業者の手数料が発生するからとなるのです。
車検が通ることと、車の状態の良し悪しは関係ありませんから車検が通る状態であっても数ヶ月で不調になる可能性があるとなれば、事前に整備をすることになります。
整備をする箇所が多ければその分整備費用が加算されますから、車検自体にかかるお金に加えて整備費用も加わり総額で10万円や20万円という金額になってしまいます。
このような理由があることから、車検の際に発生する費用は合計は高額になりがちで車検=お金がかかるというイメージになってしまうのです。

 

●車検にかかった費用は次のオーナーに上乗せされる

 

車検を通すにはお金がかかりますが、そのお金を誰が負担をするのかといえば次の買い主という事になります。
買取業者が自腹を切って費用を出すわけではないことからも、車検の有無によって査定額が大きく変わるということはありえないのです。
車検がたっぷりと残っていれば多少のプラスにはなりますが、残りが少ないあるいは切れているからと言ってマイナスになるというものではありません。
買取業者からすれば、車検にかかる費用は自分達で負担をするわけではありませんから車検の残り期間というのはそれほど大きな問題ではなく、車の価値だけで考えた場合にはほとんど影響の出ない部分となっています。

 

●車検の有無は車査定の減額の口実にされてしまうことも

 

車検の残り期限と車の価値というのはほとんど関係がありませんが、実際に査定を受ける時には減額の口実にされてしまうという可能性はあります。

 


買取業者側としては出来るだけ安く買いたいわけですから、減額をするための口実があればそこをついてきて少しでも安く買い取ろうとしてきます。
車検は車の価値とあまり関係がないと言っても、いざ買取業者から車検切れが迫っているから、車検が切れているからその分安くなってしまうと言われてしまえば、車の売買の知識がない素人はおかしいとは思ってもそんなものかと納得してしまいがちです。
また、車検が切れてしまっている場合には公道を走ることができませんから、その場合レッカーを使用して運搬をするということになり、レッカー代が数万円かかるのでその分減額になってしまうと言われれば、その言葉を受け入れてしまい安いものです。
実際は買取業者からすれば公道を走らせることができない車を運搬するなどよくあることなので、レッカー車にかかる費用など微々たるものです。
しかし、相手が知識がないとわかればレッカー代が高く付くように見せかけて、実質的に減額をするということがあり得るため車検切れの車というのは車としての価値は落ちていなくても、減額されてしまう可能性が出てきてしまいます。

 

●車検切れで減額されそうでも一括車査定を利用すれば安心

 

車検の期限が短い、車検が切れている、そのような車を安心して売るためには一括査定を利用するのが一番です。
一社だけの査定であれば車検を理由に減額を要求されてしまうという恐れがありますが、一括査定を利用すれば一社だけ減額をするような真似をすると買取のチャンスを逃してしまうことになりますから、相手の無知につけこんで安く買取をしようという手が使えなくなります。
また、仮に車検を理由に減額をしようとする業者がいたとしても、他の業者が正当な評価さえしてくれれば、相手の口車に乗って安く売ってしまうという可能性はなくなりますので安心です。

更に複数の買取業者から査定を受けることによって、競争意識が働きますから自然と車の本来の価値に見合った金額を提示してもらいやすくなるため、良いこと尽くめということになります。
理屈として車検は車の価値に影響がないとわかっていても、プロである買取業者からそこを突かれてしまうと一般人は弱いものですから、余計な減額の口実を与えないためにも一括査定を利用するのが一番安全で安心な方法となります。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ